Hontoco Radio

本をめぐって
西へ東へ

本にまつわる人や、本のある場所を訪れたり、電話をかけ、おしゃべりする台本なし神出鬼没のWEBラジオ「本とこラジオ」。
パーソナリティは装丁家の矢萩多聞と、デザイナーのいわながさとこ。
ほぼ隔週水曜日13時から90分、本とともにゆかいに暮らす人たちの生活の声をお届けします。

生配信の同日夕方に、録音版をYoutube、Spotify、Apple Podacst、Amazon Musicなどに公開。

#112

2024. 5. 22
 13:00 –

GUEST TALK

本とこラジオ第112回目のゲストは、京都のカフェ「珈琲山居」を夫婦で営まれている居山貴行さん。本とカフェはきってもきれない関係。居山さんはよく本を読まれていて、お店にもおもしろい本がいっぱい。本とこラジオのヘビーリスナーで、ラジオをお客さんにも薦めてくださっています。居山さんたちがどのようにカフェをはじめたのか、コロナ禍をくぐりぬけて、いま、どんな風景が見えているのか、近ごろ読んでピンときた本など、いろいろお話うかがいます。今回は一乗寺こたつスタジオを抜け出して、珈琲山居から生配信! はてさてうまくいくでしょうか。

SEND ME!

本とこラジオでは随時お手紙やメールを募集しています。
番組へのリアルなおハガキは「 待賢ブックセンター」まで。メールは こちらからお願いします。
番組内でお手紙やメールを読み上げた方には、特製番組ステッカーをプレゼントいたします。またX / Twitterでつぶやかれる場合は、ハッシュタグ「#本とこラジオ」をつけてツイートしてください。


GUEST AND NAVIGATOR

居山貴行

いやま・たかゆき

1982年生まれ。京都市在住。2019年、京都市北区にて『珈琲山居』開業。本と音楽に囲まれながら珈琲を淹れる日々を送る。珈琲豆は手廻しロースターによる自家焙煎。ZINEやローカルタウン誌を愛好し、店には『dee’s magazine』、『雲のうえ』、『SとN』等のフリーマガジンも設置。『本とこラジオ』リスナー歴は約2年と浅いものの、録音版アーカイブの全配信回を聴取済の“本とこモン”。

矢萩多聞

やはぎ・たもん

画家・装丁家。1980年横浜生まれ。9歳から毎年インド、ネパールを旅する。中学1年から学校をやめ、ペン画を描きはじめる。95年から南インドと日本を半年ごとに往復しながら個展を開催。2002年から本づくりの仕事をはじめ、これまでに600冊を超える本をてがける。2012年から京都移住。著書に『本とはたらく』(河出書房新社)、『美しいってなんだろう?』(世界思想社)、共著に『本を贈る』(三輪舎)など。

いわながさとこ

エディトリアルデザイナー。1981年茨城県つくば市生まれ。実用書やコミックエッセイなどの書籍、雑誌や冊子など、ページものを中心にデザインに関わる。2022年生まれの子どもと、4匹の猫、在宅ワークの夫とともに、京都在住。

Backnumbers

これまでの録音版アーカイブは、 YoutubeSpotifyApple Podcastなどで聴くことができます。

これまでのアーカイブは、Youtubeをはじめ、Spotify、Amazon MusicなどのPodcastでも聴くことができます。

Message to
番組へのおたよりは

以下のフォームページからメールください。ひとこと、感想、質問、思いつき、つぶやき、フツオタはもちろん、いまこんな本読んでいるよ、という短信も大歓迎です。twitterをされている方は、ハッシュタグ #本とこラジオでつぶやいていただいてもOKです。