Hontoco Radio

本をめぐって
西へ東へ

本にまつわる人や、本のある場所を訪れたり、電話をかけ、おしゃべりする台本なし神出鬼没のWEBラジオ「本とこラジオ」。
パーソナリティは装丁家の矢萩多聞と、デザイナーのいわながさとこ。
隔週水曜日13時から90分、不要不急のあったかい生活の声をお届けします。

#41

2021. 3.31
 13:00-

BOOK STORE TALK

前半は全国津々浦々の書店を電話でつなぐ、本屋さんリレートーク。前回の福山・UNLEARNさんからのご紹介、倉敷・つづきの絵本屋さんにおつなぎします。あまり知られていないのですが、岡山県は元気で熱い書店が多く、なかでもつづきの絵本屋さんは児童書の本屋さんとして人気のお店。長年図書館司書をされてきた都築さんが、絵本と紅茶を通して、子どもも大人も心穏やかな時間をすごしてほしいと願いはじめられた場所です。

GUEST TALK

後半のゲストトークは、映像作家の三好大輔さん。「本とこラジオ」では、何度も紹介してきたイチオシの短編ドキュメンタリー映画『 白い鳥』を作家の川内有緒さんと共同制作された方です。
長野県松本に暮らしながら、生活と記憶に根ざした映像作品、プロジェクトに多く関わっている三好さん。『 白い鳥』の撮影秘話はもちろん、ふだんがどんな風に仕事しているのか、お話伺えたらと思っています。

guest & personality

都築照代

つづき・てるよ

岡山県倉敷在住。 「つづきの絵本屋」店主。司書・司書教諭。絵本専門士。ティーインストラクター。 長年に渡る図書館勤務(公共・大学・小学校) の傍ら、おはなし会やブックトークなど多方面で活動を展開。 また、JPIC読書アドバイザー、絵本講師、絵本セラピストの資格を活かし「読みきかせ講習会」や「絵本講座」等の講師として活躍中。

三好大輔

みよし・だいすけ

1972年 岐阜県生まれ。 大学卒業後に映像制作会社に入社。広告制作会社を経て2005年 映像作家として独立。 2008年より、東京藝術大学美術学部デザイン科講師。 伝統工芸、伝統文化の映像による記録保存活動のほか、 近年は一般の方々が記録したホームムービーの収集/保存/修復/公開など、 全国各地で地域映像アーカイブを立ち上げ、 過去の映像を後世に繋いでいくための活動に力を入れている。 2015年、映像制作会社 株式会社アルプスピクチャーズ設立。 長野県安曇野市在住、4児の父。

矢萩多聞

やはぎ・たもん

画家・装丁家。1980年横浜生まれ。9歳から、毎年インド・ネパールを旅する。中学1年生で学校に行くのをやめ、ペンによる細密画を描きはじめる。1995年から、南インドと日本を半年ごとに往復し、銀座、横浜などで個展を開催。2002年、対談本『インド・まるごと多聞典』(春風社)を刊行。このころから本づくりの仕事をはじめ、これまでに500冊を超える本をてがける。2012年、事務所兼自宅を京都に移転。著書に『偶然の装丁家』(晶文社)、『本の縁側』(春風社)、共著に『本を贈る』(三輪舎)などがある。

いわながさとこ

 

デザイナー。京都に暮らしながら、本や雑誌を中心にデザインの仕事をする。犬の召使い、猫の奴隷。本とこラジオでは、初回配信からあいの手役をつとめる。ときどき、家の猫たちもあいの手をいれてくれる。

Message to
番組へのおたよりは

以下のフォームページからメールください。ひとこと、感想、質問、思いつき、つぶやき、フツオタはもちろん、いまこんな本読んでいるよ、という短信も大歓迎です。twitterをされている方は、ハッシュタグ「#本とこラジオ」でつぶやいていただいてもOKです。

Backnumbers

これまでの録音版アーカイブ